スクワットダイエットはいいの?

筋肉を鍛えることは、ダイエットにとって重要な要素です。
筋肉がしっかりとしていれば、普通に歩いているだけでもエネルギーをしっかりと消費し、痩せられる体質に変わります。
今回は下半身を鍛えながら痩せられる、スクワットダイエットについて紹介しましょう。

正しいスクワットを覚えよう

スクワットは腰を痛めると思う人もいると思いますが、正しいやり方を実践することでそれを回避することができます。
まずは肩幅よりも気持ち披露目に脚を開き、背筋を伸ばした状態で立ちます。
そこから前ならえのように腕を伸ばし、手のひらを床へ向けます。
そこから太ももが床と並行になるくらいまでゆっくりと、無理をしない範囲で腰を下していき、並行になったところで3秒キープしてください。
3秒が過ぎたらゆっくりと最初の立ちポーズへ戻ります。
ここまでが1回で、10回を1セットとして、1日のうちに最低1セット、多くできるのであれば3セット繰り返すことで代謝を上げることができるのです。

より効果的な時間帯

スクワットに最適な時間帯は、朝、お風呂に入る前、夜寝る前です。
体操などはお風呂上がりのほぐれた筋肉でやる方が効果的と言われていますが、筋トレはその逆でほぐれた筋肉ではあまり効果が無いと言われています。
ですので朝やお風呂前に行うのが良いやり方です。
また夜寝る前に軽く運動をするのも、適度な体の疲れからぐっすりと眠れるようになるためオススメします。
しかしこれを必ず守ろうとすると長続きしなくなってしまいますので、まずは多少遅れたり気まぐれにやりたくなったときでも良いので毎日続けられるように心がけてください。

代謝が上がる以外の嬉しい効果

筋肉を鍛えると代謝が上がり、痩せられることは分かったと思いますが、他にも便秘の改善や冷え性にも、筋トレは効果的と言われています。
体内の内臓が活性化することでお通じが良くなり、筋肉でエネルギーが消費され熱が生まれることで冷え症が改善されるのです。

このように、スクワットダイエットは体に良い効果をもたらしてくれます。
まずは毎日続けることから始めましょう。