スポーツトレーナーの種類は分けられる?

「スポーツトレーナー」とは、選手の身体面をサポートする人の総称と言えます。
分野によって変わる呼び名について、説明していきます。

アスレティックトレーナー

「アスレティックトレーナー」は、選手が怪我をした際に症状に応じて適切な処置を行います。
また、怪我を予防するためのケアの仕方、疲労回復目的のスポーツマッサージ、復帰のためのリハビリ指導なども行います。
テレビなどでスポーツを見ている時、倒れた選手にまっ先に駆け寄ってくるのがアスレティックトレーナーです。
医師の資格はなくても、柔道整復師や鍼灸師などの国家資格を持つ人が増えています。

メディカルトレーナー

「メディカルトレーナー」は、怪我をした選手が少しでも早く復帰できるようにお手伝いをします。
骨折した選手がいたとしたら、治療は医者、リハビリは理学療法士、その後競技生活にスムーズに復帰できるように可能なところからトレーニング指導をするのがメディカルトレーナーです。
片足にギプスをしていても、もう片方の足や腕、体幹のトレーニングは可能だからです。
現場においては、「アスレティックトレーナー」と兼任していることも多く、「メディカル担当」と呼ばれます。
介護施設で骨折してしまったお年寄りのリハビリなどにも携わることが増えています。

ストレングストレーナー

「ストレングストレーナー」は、選手のパフォーマンスを向上させるための筋力トレーニングなどの指導を行います。
各競技の特性に合わせて、選手の個性やポジションで必要なトレーニングを提案します。
ジャンプ力や持久力など、スポーツに欠かすことができない部分を鍛えるためのトレーナーと言えるでしょう。

フィットネストレーナー

「フィットネストレーナー」は、スポーツジムなどで利用者に合わせたプログラムを提供します。
ダイエット目的はもちろん、市民ランナーや故障した学生選手などが対象です。
日本体育協会のスポーツプログラマー、健康・体力づくり事業財団による「健康運動指導士」などの資格があります。