プロティンは必要?

筋トレをされる方はプロテインを愛用される方が多くみられますが、本当に筋肉作りでプロテインは必要なのでしょうか?
今回はプロテインの効果や効果的な使用方法をご紹介させていただきます。

プロテインとは?

プロテインは体に必要な三大要素の一つである、たんぱく質を意味します。
一般的に市販されているものは、たんぱく質を手軽に効率良く摂取できるように作られた栄養補助食品にあたります。

筋トレとたんぱく質の関係

筋トレは筋肉に強い負荷を与えることで疲労させ、栄養や睡眠により筋トレのダメージを耐えるために修復されることで、筋肉は成長されていく仕組みです。
この筋肉の発達に関わる栄養の1つがたんぱく質であり、プロテインはたんぱく質と筋肉に関わる他の栄養素も加わり、効率良く栄養を吸収させることができます。

プロテインの種類

プロテインは原料や効果、吸収速度が異なる3つの種類があることが特徴的です。

・ホエイプロテイン

主流のプロテインでヨーグルトのできる液体(乳清)が原料で、吸収性の早さから筋トレ直後のたんぱく質補給に最適です。

・ガゼインプロテイン

こちらも牛乳を原料にしており、日常的なたんぱく質の摂取に有効です。
吸収速度はホエイに比べてゆっくりとなります。

・ソイプロテイン

大豆が原料で吸収性は遅く、脂質や糖質が少ないのでダイエットや健康維持に最適です。

飲むタイミング

プロテインは目的に応じて飲み方が変わります。
強靭な肉体にしたい場合はトレーニング後30分以内が最適で、ウエイトアップが目的なら食後や補色として飲むのが最適です。
健康維持や栄養補給とするなら食前後、疲労回復が目的なら就寝前に飲みましょう。

筋肉を増強する薬ではない

プロテインはたんぱく質を摂取する食品であり、筋肉を直接増強するものではありません。
一度にたくさん摂取しても逆に太ってしまうので、トレーニングや運動量に応じて飲みましょう。

いかがでしょうか。
プロテインは正しく飲むことで、筋肉の発達に有効です。
タイミングと正しい量を守り、効率良く筋肉をつけていきましょう。