太ももを細くするためには

細くてすらっとしたスリムな足は、女性にとって憧れるものですよね。
足を細くしたいと思っているのなら、足に適度な負荷のかかる運動をしてみることをオススメします。
太ももの筋肉は、体の中で一番大きく、全身にある筋肉のうち約7割が足に集まっているのです。

それだけの筋肉が集まっている足ですから、適切な筋トレをすれば、太ももはすぐに引き締まるのです。

有酸素運動がおすすめ

そんな太ももを細くするためにはまず、有酸素運動をすることが重要です。
有酸素運動には「脂肪を燃焼させる効果」があります。

ウォーキングやジョギングなどによって、軽く息の上がる運動をして、体内に酸素を取り入れ脂肪を燃やすわけです。
当然、太ももの筋肉についた余分な脂肪も落としてくれます。

ですが、この有酸素運動は正しく行わなければ効果はありません。
有酸素運動での注意点は「激しい運動をしないこと」と「息の上がる運動はしない」ということです。

もっと足を細くしたい!という思いからどうしても無理をしてしまいがちですが、実は激しい運動をして息が上がってしまうと、無酸素運動になってしまうのです。
無酸素運動では筋肉をつけてしまうので、かえって太くなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

筋肉をつける前に、まずは脂肪を落とすことが重要ですから、最初は有酸素運動が適切ということです。
有酸素運動の一つであるジョギングで、余分な脂肪が落ちたら、足に筋肉をつけて引き締めることが大切です。

太ももは比較的、有酸素運動によって十分スリムになりますが、ひざから下の効果はあまり期待できません。

ですから、無酸素運動をして筋肉をつけてキュッと引き締まった足を目指しましょう!

スクワットも効果的

手軽に家で行える無酸素運動の一つでは、スクワットがあります。
お尻からつま先までの筋肉が使われるので、足に筋肉がつき、引き締めることが出来ます。

まとめ

まとめると、太ももを細くするためには、有酸素運動と無酸素運動のどちらも必要であるということです。

有酸素運動で余分な脂肪を落としてから、無酸素運動によって筋肉をつけ、引き締めることで、理想のスリムな足を手に入れることが出来るのです。