メタボに筋トレは効果的なのか

メタボリック症候群という言葉は誰もがしっているでしょう。
メタボリックが注目されているのは、さまざまな病気のリスクが高くなってしまうからです。
メタボかそうでないかの判断基準は腹囲なので、肥満の人はひっかかりやすくなるので注意が必要です。

改善するために筋トレを取り入れてダイエットを行う人がいます。
メタボの人が筋トレをした場合、効果はどのくらいあるのみていきます。

筋トレで代謝UP

筋トレをすることでメタボを改善できるのかという点では、間接的に効果を表すといえるでしょう。
筋肉を鍛えることで、代謝が上がるので脂肪燃焼をしやすくなります。
さらに代謝を上げるには、エネルギー消費の大きい筋肉を鍛えることで、効果は増していきます。

代謝が上がると、日常生活ちょっとしたことでも消費カロリーが上がっていくので、痩せやすい身体になっていきます。

メタボ改善に有効な筋トレ

メタボ改善のためには腹直筋、背筋、下半身を鍛えると良いでしょう。

まず腹直筋は、腹筋のことで体感を前屈させるために使われる筋肉です。
内臓脂肪の下垂を止めてくれる効果もあるので、ぽっこりお腹には最適です。

背筋は、普段は意識することはほとんどないかもしれません。
しかし、美しい姿勢を保つためには大切な筋肉で、脊柱起立筋は特に立ったり起き上がったりする際に体を支えてくれるので重要な場所です。

下半身は、全身の筋肉の7割が集中していると言われています。
なので、下半身を鍛えることで効率的に基礎代謝も上げることができます。
メタボ解消のために、欠かせないといえるでしょう。

筋トレだけではない

筋トレは、あくまでもサポートをしてくれる仲間を増やすという感覚です。
筋トレをしたからといって、すぐに脂肪が減るわけではありません。
脂肪を減らすためには、ジョギングなどの有酸素運動を行う必要があります。

筋トレと有酸素運動をうまく組み合わせたメニューを作ることができれば、メタボ改善もできるはずです。