加圧トレーニングとは

アスリートなどの間で話題になっている「加圧トレーニング」とはどのようなものなのでしょうか。
やり方はとても簡単で、トレーニングの際に腕や足にベルトを巻いて血流を制限するだけです。
しかし、簡単なやり方でも素人が自分でやろうとすると危険が伴います。

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングは、血流を人為的に制限することによって、脳にトレーニングの効果を過大評価させます。
そうすることで、負荷はいつもと同じでもきつく感じてしまいます。
また、成長ホルモンが過剰に分泌されるので、筋肉を大きくする効果もより得られます。
加圧トレーニングをすることで、すくない練習や軽い負荷でも筋肉を効率的に鍛えることができるのです。

また、加圧トレーニングをすることで、血行が良くなるので肩こりや腰痛の改善も見込めます。
肩こりや腰痛は筋力不足でも起こるので、そのような場合は加圧トレーニングの後に体感トレーニングをするとより効果的に改善できるはずです。

加圧トレーニングのポイント

加圧トレーニングのポイントは、血流の制限をどのくらいにするかということです。
きつめに圧迫すると、極端に血流は流れなくなってしまうので、うっ血して危険な状態に陥る可能性もあります。
逆に緩めにすると、加圧トレーニングとしての効果が出にくくなってしまいます。
通常の筋トレと同じ程度の効果を得ることができるだけということになります。

こんな人にオススメ

加圧トレーニングは、短い時間でも効果が出やすいです。
なので、時間が無い人や疲れている人などにはオススメできます。
軽い負荷の簡単なトレーニングでも、重く大変なトレーニングをした時と同様の効果を得ることができるからです。
今まで運動の習慣がなかった人でも、継続もしやすいトレーニングといえるでしょう。

また、小さい負荷で始めることができるので、怪我事故で筋力が弱ってしまった人や高齢者でロコモティブシンドロームになってしまった人などにもオススメできます。