筋トレをするのは、食事の前後どっちがいい?

筋トレをするには理想的な時間があると言われています。
その中で、食事の時間との関係があり、食事と筋トレは切っても切り離せない関係性にあるのです。

空腹時の筋トレは逆効果

空腹時に筋トレを行う人もいますが、空腹時にはエネルギー不足になってしまうので効果的な筋トレにはなりません。
逆に、筋肉を分解してエネルギーを生み出そうとしていまいます。

ダイエットをしたい人であれば空腹時に行うことで、脂肪燃焼効果があるので適していると言えます。
しかし、筋肉を鍛える目的で筋トレをするのであれば、空腹時は避けるべきでしょう。

空腹時の筋トレは逆効果

空腹時に筋トレを行う人もいますが、空腹時にはエネルギー不足になってしまうので効果的な筋トレにはなりません。
逆に、筋肉を分解してエネルギーを生み出そうとしていまいます。

ダイエットをしたい人であれば空腹時に行うことで、脂肪燃焼効果があるので適していると言えます。
しかし、筋肉を鍛える目的で筋トレをするのであれば、空腹時は避けるべきでしょう。

筋トレと食事の理想的なタイミングは?

筋トレは、いったん筋肉を破壊し、再生される過程でより強い筋肉にしていきます。
筋肉が修復するには、栄養素が必要になります。

そこで、食事と筋トレの関係性を見た時に、ベストな時間というのは、食事と食事の間ということになるのです。
筋トレを行う2時間~3時間前には食事を済ませておくと、食事で得た栄養をエネルギーとして使用できます。

もしも、そのタイミングで筋トレが難しい場合は、筋トレを行う前にバナナを2~3本ほど食べてから行ってください。
バナナは吸収が早いので、素早くエネルギーに変わります。
もしくは、食事の回数を増やすのも良いでしょう。
摂取カロリーは変えずに、「朝・軽食・昼・軽食・晩」すると空腹のタイミングもなく、筋トレをいつでも行うことができます。

ゴールデンタイムを活用

筋トレ後30分以内は、ゴールデンタイムといわれていて、タンパク質を摂取すると筋力アップを手助けしてくたり、筋肉の疲労回復を早めてくれたりする効果が期待できます。