シミの原因を生み出す食材

シミの主な原因としてよく挙げられるのは「紫外線」です。
しかし、実は紫外線だけが原因ではない場合もあります。
特に、食材によってはシミの原因を生み出してしまうものもあるので注意しなくてはなりません。
どんな食材がシミの原因を生み出してしまうのか、チェックしてみましょう。

柑橘類や野菜も要注意!

抗酸化成分として有名なビタミンCを取るために、フルーツを朝摂取されている方も多いのではないでしょうか?
実はこれがシミを生み出してしまう可能性が高い原因の一つです。
実は、オレンジやグレープフルーツ、レモンなどの柑橘類に含まれている「ソラレン」という物質が、紫外線への感受性を高めてしまい、体内への吸収を促進してしまう可能性があります。
そのため、ソラレンを含む柑橘類を朝摂取し、外に出てしまうとシミを作りやすくなってしまうのです。
ソラレンという成分は柑橘類だけではなく、きゅうり・セロリなどの野菜にも含まれています。
なるべくソラレンを含む柑橘類・野菜などは午前中は避けて夕方以降に食べるようにすると良いでしょう。

白砂糖はシミの要因につながる

白砂糖を多く摂取するとシミにつながる可能性があります。
白砂糖を料理にあまり使っていないという方も、ジュースやお菓子などに使われていることも多いため、そちらの摂取量を注意しなければなりません。
白砂糖を摂取することで体内のビタミンやミネラルがたくさん使われてしまいます。
肌のターンオーバーが正常に機能するためにはビタミン・ミネラルを使わなくてはならないのですが、白砂糖を多く摂取してしまうことでビタミン・ミネラルが不足し、ターンオーバーが遅れてシミがなくなるまで時間がかかってしまうのです。
また、白砂糖は中毒性が高いので注意する必要があります。
白砂糖はなるべく摂取量を減らし、はちみつやメープルシロップ、てんさい糖、きび砂糖、黒砂糖などの天然甘味料で甘味を補うことが重要です。
さらに市販のものには意外と白砂糖が使われている場合があるので購入する際は少し気をつけて選ぶようにすると良いでしょう。