就寝前に疲れを取るならあの方法

疲労回復は質の良い睡眠をとることが重要です。
質の良い睡眠を心掛けるため、就寝前に行うと良い方法を4つご紹介します。

就寝1時間前までにぬるま湯のお風呂につかる

お風呂は気持ち良いので就寝前に入る方もいらっしゃるかと思います。
しかし、暖かいままでは寝つきが悪く、質の悪い睡眠になってしまうのです。
入眠と質の良い睡眠を心掛けるなら、就寝1時間前までに入浴を済ませましょう。
シャワーでは体が温まらずリラックス効果も得られないため、湯船に入るのが望ましいです。
熱湯は逆に覚醒を促すため、40度ぐらいのぬるま湯にゆっくり浸かる方が良いとされています。

水を1杯飲む

深い眠りを維持するために体は汗を流し、体の深部温度を下げています。
なので、睡眠時も汗をかきやすく、脱水症状から途中覚醒もあるのです。
途中覚醒により睡眠の質が下がり、完全に疲労が回復しないことがあります。
寝る前に常温の水をコップ1杯分飲むと脱水予防になり、途中で起きる心配も減り、毎朝すっきり起きられるでしょう。

背伸びのストレッチ

就寝前にストレッチを行うと心と体の緊張がほぐれ、寝つきが良くなります。
入浴後は体が温まり血行が良いので、より良い効果を得られるでしょう。
有効なストレッチはいくつかありますが、手軽に行えるのが背伸びのストレッチです。
仰向けの状態で両手を万歳のように伸ばし、両手足を背伸びするイメージでゆっくり伸ばしましょう。
手足の指が引っ張られる意識を持ち、30秒ほど維持してください。
他にも股関節を動かす柔軟運動も就寝前におすすめです。

アロマを嗅ぐ

良い香りは心と体を穏やかにし、睡眠の質を上げる効果が認められています。
疲労効果に有効な香りはラベンダーやカモミールなどがあり、就寝前にアロマを嗅いでみるのも良いでしょう。
温かいティーにして飲みのも有効です。

スマホやパソコンのブルーライト、明るい照明は睡眠の質を下げる原因ともされています。
就寝前はスマホやパソコンの操作はさけ、オレンジの温かい照明で音楽や読書をしてリラックスすると、疲労回復につながる質の良い就寝につながるので、ご紹介した方法と共にお試しください。