スポーツトレーナーになるにはどんな方法がある?

スポーツトレーナーになるために必要な国家資格などはありません。
しかし、実情としてスポーツトレーナーの養成学校や柔道整復師などの専門学校に通い、それぞれで資格を取っている人が多くいます。
スポーツトレーナーになるには、どのような方法でスキルを積んでいけばいいのか、お話しましょう。

スポーツトレーナーに必要な専門知識と技術を習得しよう

スポーツトレーナーの仕事は勿論スポーツ選手のコンディションを整え、選手に必要かつ安全なトレーニング指導を行い、怪我やスポーツ障害の応急処置、予防を行っていくことです。
それらを的確に行っていけなければ、選手の体調をうまく支えてあげられないどころか、怪我を負わせてしまったり、最大のパフォーマンスを引き出せません。
そうならないためには、安全なトレーニング方法やテーピングやアイシングなどの応急処置の知識だけでなく、人間の身体構造や機能、運動生理学、スポーツ医学など細かな専門知識も必要となってきます。
またスポーツ選手にはよく必要とされるマッサージや整体なども、知識だけでなく技術が伴っていなければ、それを売りにすることはできないのです。

しっかりとした対応をするために経験を積もう

スポーツをやっている最中は、試合中でも練習中でも中々目は離せません。
短時間の間に状況判断し、しっかりとした指示が出せるようになるにはやはり経験が必要です。
経験は1日2日で積めるようなものではないため、理想としては師となるスポーツトレーナーの元についたり、トレーナーチームの見習いとして多くのことを実践的に吸収できると良いでしょう。
しかし日本では即戦力が求められることが多く、見習いとして経験を積める期間が短いと言われています。
学生トレーナーやインターンシップで経験を積んだり、海外で経験を積んだりと、さまざまな方法でしっかり経験を積むようにしましょう。

採用のために人脈を広げて実績を積もう

スポーツトレーナーとして就職するには、人脈と実績がカギとなります。
スポーツジムや整体院などに就職してしばらく勤務し、そこから人脈を広げてスポーツトレーナーとして採用してもらうという形式が日本では多くなるでしょう。
一般の人を相手にするトレーナーや、院の施術者としての経験と、広がった人脈から高校、大学へスポーツトレーナーとして派遣されるようになり、そのままキャリアを積んでいくことができればスポーツトレーナーとして仕事していくことができるようになります。