スポーツトレーナーになるにはどんな学校が良いの?

スポーツトレーナーになりたい場合、学校に通うという選択肢もあります。
しかし学校に通うにしてもやはり選択肢は多いですから、何かしらの指針が必要です。
スポーツトレーナーになるために学校に通うなら、どこを基準とすると良いのでしょうか。

スポーツトレーナーとして求められやすい人材とは

スポーツトレーナーを目指して学校に入るのですから、今日本でスポーツトレーナーに求められている力をまずは知りましょう。
スポーツトレーナーには大きく分けて2つの種類があり、選手の外傷やスポーツ障害に対しアイシングやテーピングを行うアスレティックトレーナーと、ウォーミングアップやクールダウンなどを選手とともに行うフィジカルトレーナーに分かれます。
大きなプロスポーツチームであればそれぞれの専門家が複数人ついていることもありますが、ほとんどのスポーツチームは複数人雇える予算がなく、その両方を兼ね備えたトレーナーが求められるようです。

ネックになりやすいのが代替医療の技術

2種類のスキルを併せ持った人材の中でも、代替医療となる柔道整復師やマッサージ師、鍼灸師などの資格がある人は、より重宝される傾向にあります。
スポーツトレーナーになるには、理学療法士や柔道整復師などの国家資格があると、より有利だということです。
したがって、それら代替医療として扱われる国家資格を学び、取得できる学校に行くのがオススメでしょう。
それぞれのスキルを磨きつつ、学生トレーナーやインターンなどでさらに経験を積んでいけば、より多くのスポーツトレーナーとしての道が開けます。
一度理学療法士として整骨院などに務めつつ、人脈を広げていくことでスポーツトレーナーとして指名され、就職先も見つかるでしょう。

スポーツトレーナーとしての道を広げるには

スポーツトレーナーとしてさらに技術と経験を積みたいのであれば、海外留学という手もあります。
スポーツトレーナーとしての分野はアメリカやカナダの方が進んでおり、そちらの大学で学び資格を取ることができれば、プロからアマチュアまでのスポーツチームだけでなく、大小のスポーツジムや地域にあるスポーツ団体、スポーツチームを抱える企業、病院などでも働ける可能性が出てくるのです。
海外でスポーツトレーナーとしての技術や経験を磨いた後は、そのまま現地で働き続けても良いですし、日本に帰国して即戦力として第一線で働くこともできるでしょう。
またスポーツトレーナーの養成を目指す専門学校や、体育系学部のある大学で様々なことを学ぶという選択肢もあります。