いちじくには女性に嬉しい効果がたくさんある

いちじくは、数千年にも渡り人々に親しまれている果物の一種です。
これだけ長い間、親しまれているのは、栄養価が高いだけでなく、美容や健康にも効果があるからです。
ここでは、いちじくの持つ女性に嬉しい効果について紹介していこうと思います。

いちじくってどんな果物??

いちじくは、旧約聖書にも登場していて古代ローマでは不老不死の果物として有名でした。
トルコでも聖なる果実と呼ばれ」多くの人に親しまれていたこともわかっています。
いちじくを漢字にすると無花果と書きます。
私たちが食べている部分は、果実だと思っている人も多いでしょうが、実は花の部分を食べているのです。
いちじくを切って中を見てみると、中に白い粒状のものが入っていますが、その部分が花となっています。
普通の果物と比べると全く違った構造になっていて、厳密には果実ではないことが分かります。

いちじくの効果

いちじくには胃腸の調子を整える働きがあります。
いちじくを切った時に出る白い液体には、たんぱく質分解酵素のフィシンや、アミラーゼ、リパーゼなどの消化酵素も含まれていて消化促進効果が得られます。
また、ミネラルを多く含んでいて、中でもカリウムは体内の余分な水分や塩分を排出する働きがあるのでむくみの解消にも効果があります。
女性は、便秘がちな人が多いですが、いちじくには水溶性食物繊維のペクチンが豊富で、このペクチンが体内で膨らんで胃の中にあるものを包んで腸に進むことで、便が固くなりにくく、蠕動運動の働きも活発にしてくれます。
腸内では、悪玉菌の増殖を抑える効果もあるので腸内環境を整えるのにピッタリな果物でもあります。
いちじくに含まれる植物性エストロゲンは、女性ホルモンに似た働きをしてくれるのでホルモンバランスを整える働きもあります。
ポリフェノールによる抗酸化作用やビタミンB群によって美肌効果も得られます。
気になるシミやしわの予防にもおすすめです。
他にも、血糖値の上昇を抑える働きや疲れ目の予防、鉄分補給、骨を丈夫にする、精神安定効果などがあります。

おすすめの食べ方はこれ!

いちじくの旬は年に2回あり、6~7月と8~10月となっています。
8~10月に採れるいちじくは、小ぶりではありますが甘みが強いので生で食べるのがおすすめです。
いちじくは、赤紫色のものを選ぶのがおすすめです。
いちじくは収穫後に追熟することはないので、できるだけ熟したものを選びすぐに食べるのが良いでしょう。
また、いちじくはドライフルーツやジャムなどの加工食品も多くあります。
ドライフルーツやジャムであれば一年中気軽に摂取できるのでおすすめです。