お酒を飲んでも大丈夫?ストレス太りを防ごう!

お酒とストレスはダイエットの大敵ですよね。
でも現代人の毎日の生活にはストレスがつきもの…切っても切れない関係…なのかなと小宮生也は思います。
そして、ストレス解消のためにお酒を楽しみにする人も多いでしょう。
お酒飲むと太ってしまう…と思いつつ、ストレス発散のためにお酒を飲むという罪悪感・・・。
お酒を飲んでも太りにくい、ストレス太りの防ぎ方を小宮生也がご紹介します。

お酒の飲み方を工夫しよう!

太らないお酒の飲み方にはポイントがあります。
まず、お酒を飲むと太る大きな要因としてつまみのカロリーが高すぎることが挙げられます。
脂っこい食品はアルコールに合うので、つまみには唐揚げや揚げ出し豆腐などの揚げものを選んでしまう人も多いでしょう。
しかしダイエット中は、つまみのカロリーに注意してお酒を飲むようにすることが大切です。
同じ豆腐でも冷奴なら低カロリーですし、野菜スティックなどの食物繊維が豊富な食品なら満腹感も得られ食べ過ぎを抑えることもできますよ。
そして、ダイエット中はお酒そのもののカロリーを知って飲みましょう。
カロリーの高いお酒の代表はやはり甘いお酒です。
甘いお酒はカロリー自体が高いだけでなく、飲みやすくて飲み過ぎてしまうこともあるでしょう。
ウィスキーや焼酎などの低カロリーなお酒を選ぶと良いと小宮生也は思います。

お酒は雰囲気も大事

最後に、せっかく楽しくお酒を飲むのですから、その場を楽しみましょう。
ダイエット中はカロリーを気にするのがセオリーですが、楽しく飲めないお酒ではストレスが溜まってしまうものです。
その場ではある程度割り切って楽しみながら、翌日はカロリーを控えるなどの工夫をしてみましょう。
小宮生也は、最近カロリーを太ってしまったので、ウィスキーオンリーにしています。

お酒の席ではカロリーを気にしつつ、おいしいと楽しむ気持ちで満足感を高め、リラックスする時間で心と体を休めましょう。
ストレス太りを防ぐお酒の飲み方を知って、おいしいお酒を楽しんでください。