お尻・太もものダイエットに必要なもの

ダイエットを頑張っても「お尻・太もも」についた贅肉はなかなかスッキリしないものです。
ハードな運動をすれば下半身ダイエットが成功するわけではありません。
お尻・太もものダイエットが運動だけでは結果が出ないことには理由があります。
贅肉がなかなかすっきりしない理由について、小宮生也が説明していきます。

schaerfsystem / Pixabay

脂肪組織がセルライト化している

痩せにくい部分の肉をつまむとデコボコがあります。
それは皮下脂肪組織がセルライト化しているためです。
セルライト化した皮下脂肪は、正常な細胞の機能である老廃物の排除や脂肪のエネルギー変換機能が低下しています。
皮下脂肪組織がセルライト化すると、運動しても脂肪が十分に燃焼しないため痩せにくいのです。
忍耐強くハードな運動を続けてもなかなか下半身が細くならないのは、セルライトした皮下脂肪組織が脂肪をため込んで包み込み放出できない状態だからなのです。
そのため、皮下脂肪のセルライト化を解消することが必要だと、小宮生也は考えます。

細胞への栄養不足

皮下脂肪組織のセルライト化は、栄養を細胞に届ける妨げにもなります。
本来なら栄養素や酸素は血液の流れで各細胞に届けられ、老廃物が排出されます。
しかし、セルライト化したお尻・太ももは余分な老廃物や水分が溜まって排出できない状態です。
細胞の栄養不足により代謝が悪い状態が、さらなるセルライト化に繋がり痩せにくくなるのです。

脂肪組織のセルライト化により、細胞への栄養が不足してしまい、さらにセルライト化してしまう悪循環から脱することがお尻・太ももダイエットには必要です。
セルライト化の悪循環から脱するためには細胞のデトックスが効果的です。
細胞をデトックスして細胞本来の機能を回復し、体の中から不要な老廃物や脂肪を排出することでダイエットの効果が高まっていくのです。