そろそろ結婚したい!男性を決意させる方法

20代後半に差し掛かると、やはり結婚したいという気持ちが強くなってくる女性が多くなります。「そろそろ結婚したいな」と思っていても、パートナーに決意がなければ結婚を成立させる事はできません。
男性が結婚を決意する後押しとは一体どんな事がきっかけになるのでしょうか。
小宮生也の独自の見解を紹介していきます。

NGDPhotoworks / Pixabay

将来予想図が見えてきた時

ちょっとした仕草によって、「この人と結婚をするとこんな生活ができるんだろうな‥」と想像できた時、決意する事が多いようです。
思い描いている家庭像が同じであったり、子育ての事、老後についてなど意見が合致する点に関しても重要度が高いと言えます。

将来のビジョンで、たびたびもめてしまったり、何度も言い争いになる…これでは先を考えるだけで不安になってしまいます。
子供は何人欲しいのか、老後はこういった生活をしてみたいなど日常の会話で自然と話ができる関係性を築く事も大切だと小宮生也は思います。

居心地がいい

結婚をすると、1つの家で共同で生活をする事になるため、お互いが一緒に暮らして癒されるという感覚を求めているのが男性です。
一緒に住んで気配りができたり、帰ってきて笑顔で迎える事ができるなど、小さな事が自然にできる関係はもちろんの事、そういった空間を作り上げる事で男性は、「早く帰りたい」と思うようです。
空間づくりは一人では作り上げる事はできません。
二人でじっくり話し合って、どういった環境にしていくのかを明確にしていく事で、結婚への道を一歩進む事ができます。

年齢も年齢で、そろそろ結婚したいな…と思っているけど、なかなか彼から「結婚」の言葉を聞き出す事ができない。
そういった場合には、居心地やこれからのビジョンに関して、自分はもちろん、二人でじっくりと話合う機会を設けるようにしましょう。
小宮生也が思う、結婚を決意させる方法でした。