長い付き合いでもずっとラブラブで居続ける方法

一般的につきあって3年を経過¥すると、恋愛ホルモンの分泌が少なくなっていくと言われています。最初はドキドキしていた気持ちが、次第に安心へと変わっていく為、この時期を境にして分かれてしまう場合が多いです。
ただ、3年を迎えると全てのカップルが破局を迎えるというわけではありません。
この時期を超えるためには、一体どうしたらよいのか、小宮生也は考えてみました。

n-k / Pixabay

遊び心も必要

長い間付き合っていると、お互いに慣れが生じてしまい飽きがきます。
この現象は、男女どちらが悪いのか…というわけではありません。
飽きが来てしまう事は、仕方ないことなのです。
そこで重要になってくるのが、遊び心です。
例えば、一緒に生活をしていくのであればサプライズをしてみたり、隠れて驚かせてみたりと、普段やらない事を実践してみる事で、相手の見方が変わってきたりします。
更に、こんな一面もあるんだと思い、新しい発見にドキドキするでしょう。

ツッコミができる女性へ

付き合いの時間が長くなると、話をするネタもなくなってきます。
だからこそ、日々の会話というのが重要になります。
では一体何をすれば、会話を盛り上げる事ができるのでしょうか。
それは、ツッコミ力です。
今まで、何かにつけて褒めればかわいいなと思われていた存在だったかもしれません。それを次は、ツッコミができるようにしましょう。
1つの話題で、色々なツッコミを入れる事で、付き合った当初の時とは違った雰囲気、空間を作り上げる事ができます。

幸せオーラを出す

付き合っていた時には、色々な表情を見せていたかと思います。
しかし、時間と共に会話がなくなりどんどん笑顔がなくなってしまいます。
これによって、相手は「自分と一緒にいたくない」と勝手に思い込んでしまうのです。
これは、完全負の連鎖となりますので、常に幸せだと思ってもらえるように笑顔を忘れないようにしましょう。
相手に感謝をする気持ちを常に持ち続ける事で、自然に笑顔になり幸せをオーラを相手に伝える事ができるでしょう。