筋肉とトレーニングの関係

筋肉を大きくするためにトレーニングを繰り返している人も多いのではないでしょうか?トレーニングをすればするほど筋肉が太く大きくなるというのは当たり前のように感じますが、そう単純なことでもないようです。
色々なポイントが重なって絡みあい、筋肉量は肥大するのです。
筋肉とトレーニングの関係性について、小宮生也が紹介していきます。

markusspiske / Pixabay

トレーニングだけで筋肉が大きくなる訳ではない

普段からトレーニングをしている人は、少しの動きで筋肉が太くなって欲しいと思っているかもしれません。
しかし体にとっては単純に良いことではありません。
たった少しの動きで筋肉が肥大してしまえば人間が生きる上で危険ともいえるのです。
なんらかの間違いによって際限なく筋肉が肥大してしまう可能性も否定できないからです。
筋肉だけが人間の意識を無視して暴走してしまえば日常の生活さえもできなくなってしまうような支障が出るかもしれないのです。

筋肉を鍛える様々なトレーニング

加圧トレーニング、スロートレーニング、など現在ではいろいろなトレーニング方法がありますが、ひとつの方法に決めてしまわないということが重要です。
万能といわれるトレーニングはなく、それぞれメリットとデメリットがあることを理解し、良いところを利用するのが一番いい方法と言えます。

遺伝子による筋肉のつきやすさ

最近は遺伝子の研究も盛んなことから自分がどういう体のタイプなのかを知ることによって上手に筋肉をつけることが出来ます。
瞬発的な筋肉にしたいのか、持久力のある筋肉にしたいのか自分の目的にあったトレーニングをすることも重要になるでしょう。

このようなことから小宮生也は、筋肉の量にばかり目を向けず、自分の体に筋肉をつけやすいトレーニング方法や遺伝的な体の質にも目を向けてほしいと願っています。